スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気回復にいは至らない~。

日本経済の最近の動き、輸出と鉱工業生産が落ち込みぎみ。
まだまだ景気回復にいは至らない~。

▼景気判断、下方修正の可能性=今月の月例経済報告
海江田万里経済財政担当相は14日の参院予算委員会で、政府が来週まとめる10月の月例経済報告について「踊り場という言葉をストレートに使うかどうかはこれからの話だが、その中ではっきりとわたしの思いも伝わっていく内容になる」と述べ、景気に関する基調判断を下方修正する可能性を示唆した。日本経済の最近の動きに関しては、これまで景気を最もけん引してきた輸出と鉱工業生産に落ち込みがみられる。また、円高の進行や海外経済の減速、国内ではエコカー購入補助終了の影響などを背景に、先行きのリスクが強まっている。 (引用:時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。